リハビリテーション科

済生会病院リハビリテーション科は「患者さまと心で接するリハビリ」を理念として、病気や怪我、老化に伴う症状などにアプローチを行い、機能回復や日常生活動作獲得、在宅復帰などのお手伝いをさせていただきます。
対応疾患としましては、多種多様な疾患に対応していますが、前年度実績では整形外科疾患、特に肩関節疾患の割合が非常に多く術後早期から退院後外来まで介入しています。さらに今後増加が見込まれる膝関節疾患に対し、より専門的なリハビリを提供したいと考えています。

リハビリテーション科

診療内容

理学療法部門

理学療法では、主に整形外科疾患、大腿骨頸部骨折や圧迫骨折などの外傷や単顆人工膝関節置換術(UKA)、全人工膝関節置換術(TKA)などの膝関節疾患に対し術後早期からリハビリテーションを提供しています。また、外科疾患術後や内部疾患で活動性が低下した患者様に対して、座位・立位・歩行を行うことで離床を促すとともに、関節を動かしたり、筋力トレーニングを行うことで機能回復を図り、家庭復帰・仕事復帰へのお手伝いをさせていただきます。

作業療法部門

作業療法部門

作業療法部門

作業療法では、主に肩関節疾患や手の疾患(腱鞘炎・骨折・変形性関節症)の方に対して、術後早期から介入し、退院後の外来通院まで対応しております。また、作業活動を用いることで生活技能や趣味活動など心身機能の向上をお手伝いさせていただきます。
地域包括ケア病棟に作業療法士を1名専従で配置し、病棟でのADL訓練やレクリエーションを通して日常生活場面に関わっております。

作業療法部門

作業療法部門

言語聴覚部門

言語聴覚療法では、脳の疾患や長期臥床により言葉がうまく出なくなったり、声が小さくなった方に対して、リハビリテーションを行っております。また、食べる機能が低下した方に対して、食べる楽しみの再獲得をお手伝いさせて頂きます。

摂食嚥下部門

施設紹介

リハ室入口

リハ室入口

リハビリ室①

リハビリ室①

リハビリ室②

リハビリ室②

心リハ室

リハビリ室③

物理療法

物理療法

水治室

水治室

診療実績

当科の特徴として、整形外科疾患が全体患者さま数の約9割であり、その中で肩関節疾患が半数を占めております。次いで手の外科疾患、心臓疾患の患者さまの順です。件数は少ないですが、股関節や膝関関節、肘関節の患者さま、廃用症候群、嚥下機能が低下した患者さま、運動器不安定症の患者さまと、幅広い疾患に対応しております。また、入院術後のリハビリテーションのみならず、外来リハビリテーションによる診療も積極的に行っております。

令和2年度(2020年4月1日~2021年3月31日)
リハビリ区分ごとの患者数

リハビリ区分 患者数
運動器リハビリテーション 869
廃用リハビリテーション 100
心大血管リハビリテーション 34
脳血管リハビリテーション 17
摂食機能療法 13

リハビリ区分ごとの患者数