総合診療科(院内標榜)

特長

総合診療科では主に、専門各科あての紹介状を持たない成人(15歳以上)の初診患者さんに対して、どの診療科を受診すればよいか分からない方を担当します。体の部位や専門領域にとらわれず、患者さんの心身を総合的に診て、初期段階での健康状態の把握や一時的な応急処置、日常的にみられる病気の診療などを行い、特殊な症例については、必要に応じて専門各科に相談・紹介をします。軽症の場合は、患者さんや専門各科と相談して、かかりつけ医にご紹介したり、引き続き総合診療科外来で診療を継続することもあります。

病診連携を通して地域全体で患者を診るという信念のもと、ホリスティック(全人的)医療に徹し、思いやりで患者さんに尽くし、患者さんから信頼される診療科を目指しています。

主な対応疾患

具体的には、以下のような患者さんを診療します。

  • なんとなく体調がすぐれない
  • 急性で軽症(かぜ、軽度の腹痛など)
  • 健診で異常を指摘され更に検査が必要と言われたが、どの診療科に行けばよいか分からない
  • 他院、他科で診断がつかない 

など

担当医師

総合内科部長田口 弘和(たぐち ひろかず)

出身大学
香川大学 / 平成18年卒
専門分野
内科一般
資格

内科医長井上 有希(いのうえ ゆき)

出身大学
東邦大学 / 平成22年卒
専門分野
リウマチ・膠原病 内科一般
資格
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本リウマチ学会認定リウマチ専門医
  • 日本医師会認定産業医