麻酔科

麻酔科の特色・特長

麻酔科の特色・特長

麻酔科の特色・特長

麻酔科は2014年7月1日に開設され、麻酔科専門医が、手術を受けられる患者様の全身管理を行っています。
麻酔科医の役割は、手術によるストレスから患者様を守り、全身の状態をできるだけ良好に保ち、手術を安全に行えるようにすることです。そのために、手術中の意識や痛みを取るだけでなく、様々な生体監視装置(モニター)を使用して脈拍や血圧、心電図、呼吸状態、体温などを監視し、全身管理を行っています。

当院では、外科、整形外科、泌尿器科、眼科の手術があり、手術件数は年々増加しています。また、リスクの高い方が手術を受けられる事も増えています。そこで、手術前に麻酔科専門医による診察を受けていただき、それぞれの患者様の状態に応じた安全で質の高いオーダーメイドの麻酔を提供するよう努めております。安心して手術を受けていただけるような手術環境を提供するため、手術室スタッフと共に丁寧な説明、お声かけを心がけております。手術・麻酔に関して御心配な事がございましたら、お気軽にご相談ください。

担当医師

麻酔科部長伊東 祥子(いとう しょうこ)

出身大学
香川大学 / 平成21年卒
専門分野
麻酔科
資格
  • 麻酔科標榜医
  • 日本麻酔科学会認定麻酔科専門医
  • 日本ペインクリニック学会認定ペインクリニック専門医

麻酔科医長中野 安耶子(なかの あやこ)

出身大学
香川大学 / 平成22年卒
専門分野
麻酔科
資格
  • 麻酔科標榜医
  • 日本麻酔科学会認定麻酔科専門医

麻酔件数

麻酔の種類 2017年 2018年 2019年
全身麻酔 181 275 298
全身麻酔+硬・脊・伝麻 606 587 591
脊髄くも膜下麻酔 3 2 3
伝達麻酔 3 2 2
麻酔科管理症例数合計 793 866 894