泌尿器科

特長について

泌尿器科

尿路(腎、尿管、膀胱、尿道など)と男性生殖器(精巣、前立腺など)、後腹膜臓器(副腎など)の疾患を扱います。

担当医師

尾木 伸輔泌尿器科部長

出身校
鳥取大学 / 昭和62年卒
専門分野
泌尿器科一般
所属学会
  • 日本泌尿器科学会
  • 日本透析医学会
  • 日本アンドロロジー学会
資格
日本泌尿器科学会専門医・指導医

菅本 隆雄泌尿器科部長

出身校
愛媛大学 / 昭和63年卒
専門分野
  • 泌尿器科一般
  • 腫瘍・結石
所属学会
  • 日本泌尿器科学会
  • 日本泌尿器内視鏡学会
  • 日本泌尿器腫瘍学会
  • 日本透析医学会
  • 日本老年泌尿器科学会
  • 日本癌治療学会
  • 日本環境感染学会
資格
  • 医学博士
  • 日本泌尿器科学会専門医・指導医
  • 泌尿器腹腔鏡技術認定医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • インフェクションコントロールドクター

主な対応疾患

尿路結石

背部痛、腹痛、血尿が主症状です。体外衝撃波結石破砕装置(ESWL)により、通院治療が可能です。排石困難例では1泊入院で内視鏡下の抽出も可能です。

尿路結石

前立腺肥大症(BPH)

50歳以上の男性で、頻尿や排尿困難が主症状です。その程度により薬物療法や、数日の入院で内視鏡下手術が可能です。

前立腺癌

血液検査(PSA)で異常があれば、1泊入院で組織検査(生検)をおこない、病期、年齢、全身状態により、治療法(内分泌療法、手術など)を選択します。

膀胱癌

血尿・尿潜血が重要なサインです。エコーや電子スコープ検査で確認します。早期癌では数日の入院で内視鏡下の切除術が可能ですが、浸潤癌には膀胱全摘+尿路変更、化学療法などが必要です。再発予防にBCG膀胱内注入療法もしています。

腎・尿管癌・副腎腫瘍

健診でのエコーやCTで偶然見つかることが多く、腹腔鏡下手術も可能です。腎癌進行例ではインターフェロン療法・分子標的薬治療なども行います。

神経因性膀胱・尿失禁・過活動膀胱

排尿プロトコール、尿流動態検査、残尿測定を行い、各タイプにより薬物療法や手術、自己導尿管理もしています。

感染症(膀胱炎、尿道炎、腎盂腎炎など)

原因菌、症状により内服、点滴をおこないます。再発例では原因精査も必要です。

その他

包茎、陰嚢水腫、小児停留精巣、骨盤臓器脱などの根治術も可能です。

検査設備

電子スコープ、尿路造影検査、エコー、CT、MRI、RIシンチ、尿流動態検査、残尿測定装置