スポーツリハビリテーション

スポーツリハビリテーション

1.スポーツリハビリテーションとは

スポーツリハビリテーション

近年スポーツによる怪我はスポーツ傷害とスポーツ障害に分類されており、スポーツ中の突発的な骨折・脱臼などはスポーツ外傷を指し、身体の硬さや筋力の低さから引き起こされる肘や肩の痛みをスポーツ障害と呼びます。当院におきましては入院中のスポーツ外傷の治療は勿論のこと、身体の硬さや筋力の弱さに対して、筋力強化やストレッチを指導するなど、外来にてコンディション調整を行うことが可能です。主治医の先生にご相談いただければと思います。

2.スポーツリハビリテーションの効果

スポーツ障害を発症する患者さまの特徴として、ふとももの後ろが硬い、股関節の動きが硬い、体幹や肩甲骨周囲の筋力が弱い、インナーマッスルの筋力が弱いなどが原因として多いと言われております。これらの項目が低下することにより肩や肘に機械的なストレスの反復によって痛みが発生すると言われておりますので、これらの問題に対してアプローチを行うことで痛みの改善や再発予防の観点からも効果があると思います。

3.リハビリテーション内容

スポーツリハビリでは担当の療法士が患者さまの身体的特徴(痛みの部位・身体の硬さ・筋力)を評価し、機能が低下している部位に対して効率的なストレッチの指導や筋肉トレーニングの指導を行います。また、必要に応じて投げ方などに対してもアドバイスさせて頂きます。

対象疾患

野球肘・野球肩・肩関節関節唇損傷 etc