眼科

眼科の特色・特長

眼科の特色・特長

当科では、白内障、緑内障、糖尿病網膜症、斜視、弱視眼瞼疾患などの疾患の診断、治療をおこなっております。
平成27年度よりロービジョン外来を開始しております。
手術は主に白内障手術、外眼部手術、斜視手術をおこなっています。 白内障手術は最高水準の機器を使用し、侵襲の少ない手術を心がけております。 日帰り手術と1泊入院に対応しています。全身麻酔が必要な方の手術にも対応しております。また、小児の全身麻酔での斜視手術、成人の斜視手術もおこなっております。

平成27年度の診療実績としてはレーザー治療130件、手術件数は375件で、内訳は白内障258件、斜視46件、眼瞼24件、その他47件です。

診療においてはひとりひとりの方にオーダーメイドの治療が出来るように、スタッフとともに幅広く最新の知識を習得し、心のこもった治療を心がけております。分かりにくいことがありましたら、遠慮なくご相談下さい。

担当医師

杉田 江妙子眼科部長

出身校
香川医科大学 / 平成3年卒
専門分野
眼科一般
所属学会
  • 日本眼科学会
  • 日本弱視斜視学会
  • 日本眼科手術学会
資格
日本眼科学会専門医

森下 真実眼科部長

出身校
香川医科大学 / 平成9年卒
専門分野
  • 眼科一般
  • ロービジョン
所属学会
  • 日本眼科学会
  • 日本白内障屈折矯正手術学会
  • 日本ロービジョン学会
資格
日本眼科学会専門医

主な対応疾患

一般眼科疾患