腎臓内科

特長について

腎臓病は、悪くならないと症状が出ないので、発見された時にはひどい状態になっていたことがよくあります。腎臓の力は弱ってしまうと元に戻ることはあまりなく、透析になってしまいます。当科では、尿検査異常から透析療法まで対応しています。慢性腎不全の食事療法の指導、透析療法とそれ以外の治療方法説明など行っています。

透析は、泌尿器科と協力して月曜日から土曜日まで行っています。旅行などによる臨時透析も行っていますので、ご希望の方はお早めにご連絡ください。

漢方診療については、東洋医学的な観点から、エキス剤による治療を行っています。一般的な診療の補助的治療、対応困難な場合の治療を主体にしています。漢方関連病院・クリニックからの受け入れや紹介も行います。

担当医師

小路 哲生腎センター長・診療部長・腎臓内科部長

出身校
香川医科大学 / 昭和61年卒
専門分野
  • 腎臓内科
  • 透析内科
  • 東洋医学
所属学会
  • 日本内科学会
  • 日本腎臓学会
  • 日本透析医学会
  • 日本東洋医学会
資格
  • 医学博士
  • 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
  • 日本腎臓学会専門医・指導医
  • 日本透析医学会専門医・指導医
  • 日本東洋医学会専門医・代議員、香川県部会副会長・事務局
  • 日本体育協会公認スポーツドクター
  • 日本医師会認定産業医

主な対応疾患

腎臓病、透析、医療用エキス顆粒主体の漢方治療