循環器内科

特長について

特長について

特長について

循環器内科では、主として血液を循環させるための心臓や血管の疾患を専門に診療しております。狭心症、心筋梗塞、心不全、不整脈等の心臓疾患や、下肢閉塞性動脈硬化症、大動脈瘤、解離性大動脈瘤などの、動脈硬化性疾患を積極的に診療を行っております。

症状としては、胸や肩、背中が痛む、圧迫感がある、脈がおかしい、動機、息切れや下肢のしびれ、冷感等ありましたら、またこれといった症状がなくても心臓の病気を心配されている方、健康診断で心電図異常を指摘された等ございましたら、お気軽にご相談ください。

狭心症の診断として、心臓超音波検査、運動負荷検査のみならず、冠動脈CT検査、心筋シンチグラフィといった検査を用いて総合的に判断し、冠動脈カテーテル治療による、冠動脈バルーン拡張術、ステント植え込み術を行っております。また下肢閉塞性動脈硬化症に対しても、同様に下肢動脈バルーン拡張術、ステント留置術を行っております。

当院では、できる限り迅速に検査を行うため、下記の通り検査体制を整えております。かかりつけ医とご相談していただければ検査のみ施行することも可能です。

当日施行可能検査

  • 狭心症、心筋梗塞に対する緊急心臓カテーテル検査
  • 冠動脈CT検査
  • エルゴメータ負荷心電図検査、呼気ガス分析による心肺機能検査
  • 心臓超音波検査
  • 頸動脈超音波検査
  • ホルター心電図、ホルター血圧計、12誘導ホルター心電図

予約検査、治療

  • エルゴメータ負荷心筋シンチ(腎機能障害、透析患者でも可能)
  • 薬剤負荷心筋シンチ検査(腎機能障害、透析患者、運動できない方でも可能)
  • 心臓カテーテル検査(月曜午後、火曜、水曜、木曜午前に予定検査)
  • 下肢超音波検査
  • 経皮的冠動脈形成術
  • ペースメーカ植え込み術
  • 閉塞性動脈硬化症に対する経皮的血管形成術

担当医師

斧田 尚樹循環器内科部長

出身校
高知医科大学 / 平成10年卒
専門分野
  • 循環器一般
  • カテーテル治療
所属学会
  • 日本内科学会
  • 日本循環器学会
  • 日本脈管学会
資格
  • 日本内科学会認定内科医・指導医
  • 日本循環器学会専門医
  • 日本脈管学会専門医

合田 智絵循環器内科医長

出身校
香川大学 / 平成21年卒
専門分野
循環器一般
所属学会
  • 日本内科学会
  • 日本循環器学会
資格
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本循環器学会専門医

和泉 賢一循環器内科医長

出身校
大阪医科大学 / 平成21年卒
専門分野
循環器一般
所属学会
  • 日本内科学会
  • 日本循環器学会
  • 日本心臓病学会
資格
日本内科学会認定内科医

主な対応疾患

心疾患一般、下肢閉塞性動脈硬化症(末梢血管病変)

診療実績

  2016年
心エコー 1,386
運動負荷心電図検査 465
ホルター心電図 77
経皮的冠動脈形成術 122
末梢動脈形成術 38