生化学検査室

生化学検査室の紹介

生化学検査室では患者さんから採取された血液、尿、便などの検体を用いて一般検査、血液検査、輸血検査、生化学検査、免疫化学検査を行っています。検査データは患者さんの病気の診断や治療効果の評価などに活用されます。至急依頼の検査は1時間以内に報告するように努めています。また、24時間体制で緊急検査にも対応しています。

正確な検査結果を提供するために全国、香川県の外部精度管理調査および分析機器メーカーの精度管理調査に参加しています。

自動分析装置TBA-120FR

免疫検査

一般検査

尿、便、髄液、穿刺液、精液などの検査を行っています。尿検査では腎臓や泌尿器などの病態がわかり、便潜血検査は大腸がんのスクリーニング検査として活用されています。
検査所要時間:約5~30分

血液検査

貧血や白血病などの血液疾患、炎症や感染の有無や程度を知ることができます。
検査所要時間:約5~30分

輸血検査

ABO式・Rh式血液型検査、不規則抗体スクリーニング検査、輸血のための交差適合試験を行っています。輸血製剤の管理を含め(一部薬局と共同管理)24時間体制で行っています。また貯血式自己血輸血の院内保存などの対応を含め、輸血療法委員会に参画し、安全性と血液製剤の有効利用に努めています。
検査所要時間:約15~60分

生化学・免疫血清検査

主に血液中の肝臓、腎臓、すい臓などに関係する成分や心筋梗塞、糖尿病、高脂血症、痛風などに関連した成分を検査しています。
最新機器の導入により甲状腺機能、腫瘍マーカー(CEA、CA19-9など)、心臓機能(BNP)の検査を迅速にできるようになりました。
検査所要時間 生化学検査:約50分
免疫血清検査:約50分