先輩ナースの声

先輩看護師からのメッセージ

大倉 夕佳6階病棟

大倉 夕佳

ひとりひとりの患者さんと向き合って
信頼される看護師を目指します

ひとりひとりの
患者さんと向き合って
信頼される看護師を目指します

看護師として働き始めて1年が経ちました。新卒で社会人としても看護師としても1年目でなにもかもが初めてのことばかりでしたが、先輩方の丁寧な指導の下日々の業務を行いながら周りの環境や仕事内容にも慣れてきたように思えます。

現在私が配属している療養病棟は慢性期であり急性期病棟に比べ落ち着いているため、ひとつひとつの仕事を丁寧に時間をかけて教えて下さいます。
介助が必要な患者さんが多く、忙しい部分もありますがその分ひとりひとりの患者さんと向き合える時間がもてることやスタッフ同士が助け合いながら日々の業務を送ることが出来ます。

まだまだ未熟ですがこれからも患者さんから信頼される看護師になりたいという気持ちを忘れずに成長していきたいと思います。

藤澤 智也

藤澤 智也

何に対しても本気で挑み
諦めないようにしています

何に対しても本気で挑み
諦めないようにしています

はじめまして、藤澤智也です。済生会病院勤務5年目の看護師です。
僕は、趣味が多く、フィッシング、スノーボード、サーフィンとオールシーズンを通して趣味満喫しながら、仕事の両立、資格の習得もしています。なぜ、両立が出来るかというと、何に対しても本気で挑み諦めないようにしていること。某アニメの名言「諦めたらそこで試合終了だよ!」まさしく諦めたら何もできないので日々頑張っています。

仕事では僕は、済生丸での島々の巡回診療がとても楽しみです。他の病院では行っていないことが出来る事がとても僕の中で魅力的です。

森重 祥子感染管理認定看護師

森重 祥子

安全で安心な療養環境を提供するために
科学的根拠にもとづいたマニュアルの作成と評価をしています

安全で安心な
療養環境を提供するために
科学的根拠にもとづいた
マニュアルの作成と
評価をしています

患者さん、ご家族、医療スタッフなど、病院に関わる全ての人たちを感染から守るために、多職種と協同しながら組織的に活動することで、医療関連感染(院内感染)の低減を目指しています。
医療関連感染発生状況の把握と感染拡大防止のための助言を行い、科学的根拠にもとづいたマニュアルの作成と評価をしています。

また、感染予防に関連した問題について全職種を対象としたコンサルテーションに対応し、スタッフへの情報提供にも注力しております。
安全で安心な療養環境を提供していくために、職員ひとりひとりの「実践」を目標として活動しています。

小林 幸恵皮膚・排泄ケア認定看護師

小林 幸恵

患者さんや家族がいつでも相談出来るような
身近な存在でありたいと思います

患者さんや家族が
いつでも相談出来るような
身近な存在でありたいと思います

皮膚・排泄ケア認定看護師は、創傷ケア、ストーマケア、失禁ケアを専門としています。
褥瘡ケアは、褥瘡回診を行い医師や管理栄養士、理学療法士、病棟スタッフと協力し、早期治癒を目指したケアを行なっています。

ストーマを造設された患者さんは手術前から関わりを持ち、術後のケアを行ない、退院後の生活を患者さんや家族が安心して生活できるよう、継続した援助を心がけています。
失禁ケアは、尿や便漏れ、オムツかぶれのケアや予防を行い、苦痛が軽減できQOLが低下しないようケア行っています。

患者さんの苦痛が軽減でき、患者さんや家族がいつでも相談出来るように身近な存在でありたいと思います。