糖尿病内科

特長について

糖尿病は、症状が出てからでは遅いこともありますので、是非早めのご相談をお薦め致します。

  • 健診で高血糖を指摘された。
  • のどが渇く、水分を沢山とるようになった、尿の回数が多い、食べているのに体重が減っていく。
  • 手術前の検査でたまたま糖尿病を指摘された。
  • 妊娠を契機に血糖が高いと言われた。
  • 家族が糖尿病で自分も糖尿病ではないか。
  • TVの健康番組を見て心配になった。 など

糖尿病治療の目標

糖尿病と言えば、2型糖尿病が約9割を占めますが、2型糖尿病と診断されている方でも他の原因が隠れている場合や、そもそも他の原因で糖尿病を発症している場合もあります。適切な治療には適切な診断が必要ですので、発症原因の精査を行い、インスリン依存状態、非依存状態、インスリン抵抗性など病態の評価を行った上で最適な治療法を選択いたします。
メタボリックメモリー、レガシー効果と言われるように、早期の適切な介入がその後の経過を大きく左右します。糖尿病は、外来での治療が基本ですが、必要に応じて糖尿病教育入院を行います。自ら積極的に治療に取り組めるよう糖尿病について正しい知識を得ていただき、治療を継続して頂けるような関わりが大切であると考えます。また、幸いに良好なコントロールを維持できた場合でも、合併症の管理・予防、悪性腫瘍の早期発見に努めます。
血糖、血圧、体重(筋肉量、内臓脂肪量)、脂質(コレステロール、中性脂肪)、尿酸、腎機能なども含めた総合的な生活習慣病対策を行い、健康寿命を延伸していきましょう。

対象疾患

  • 1型糖尿病(1A:自己免疫性、1B:特発性。劇症1型、急性発症1型、緩徐進行1型)
  • 2型糖尿病
  • その他の糖尿病
    • ミトコンドリア糖尿病、MODYなどの遺伝子異常によるもの
    • 膵性糖尿病(膵癌、慢性膵炎、膵切除後など)
    • 内分泌疾患(先端巨大症、原発性アルドステロン症、クッシング症候群など)
    • 肝性糖尿病(肝硬変など)
    • 薬剤性(ステロイドホルモン、インターフェロン、向精神薬など) etc
  • 妊娠中の糖代謝異常
    • 妊娠糖尿病
    • 妊娠中の明らかな糖尿病
    • 糖尿病合併妊娠
  • 周術期の血糖管理(基本的にはインスリン治療に切り替えます)
  • 糖尿病性ケトアシドーシス、高血糖高浸透圧症候群、乳酸アシドーシス(⇒重症の場合は集中治療室のある高度医療機関へ搬送致します)
  • 糖尿病合併症の予防・早期発見、診断、治療
    • 糖尿病神経障害、網膜症、腎症
    • 糖尿病足病変
    • 脳血管障害、冠動脈疾患、末梢血管障害
  • 高血圧症
  • 脂質異常症(高脂血症)
  • 高尿酸血症(痛風)
  • 脂肪肝(アルコール性、NAFLD、NASH)
  • 慢性腎臓病(CKD)
  • 肥満症
  • メタボリック症候群
  • 低血糖症の鑑別 etc

治療内容

  • 食事療法(管理栄養士による栄養相談、糖尿病教室あり)
  • 運動療法
  • CDEJ(日本糖尿病療養指導士)による療養指導(管理栄養士、看護師、薬剤師)
  • 各種血糖降下薬
  • インスリン、GLP-1製剤
  • インスリンポンプ療法;CSII(Continuous Subcutaneous Insulin Infusion:持続皮下インスリン注入療法)、SAP(Sensor Augmented Pump)療法
  • 糖尿病透析予防指導
  • 各種合併症検査(神経障害、網膜症、腎症、動脈硬化症、脳血管障害、冠動脈疾患など)
  • 各種悪性腫瘍スクリーニング(膵癌、大腸癌、胃癌など)

内分泌疾患(下垂体、甲状腺、副腎等ホルモンの異常)

毎週木曜日の午前に香川大学准教授の井町仁美先生(内分泌代謝専門医・指導医、糖尿病専門医・指導医など多数)が主に診療してくださっておりますので、ご相談ください。

担当医師

安原 章浩糖尿病内科部長

出身校
島根医科大学 / 平成12年卒
専門分野
糖尿病内科、腎臓内科
所属学会
  • 日本内科学会
  • 日本糖尿病学会
  • 日本腎臓学会
  • 日本透析医学会
  • 日本病態栄養学会
  • 日本肥満学会
  • 日本糖尿病協会
資格
  • 医学博士(岡山大学)
  • 日本内科学会認定内科医・総合内科専門医・指導医
  • 日本糖尿病学会専門医・指導医
  • 日本腎臓学会専門医・指導医
  • 日本病態栄養学会専門医・指導医
  • 日本透析医学会専門医
  • 日本糖尿病協会療養指導医
  • 日本医師会認定産業医