心臓・血管検診コース

心疾患・脳血管疾患による死亡数は、日本人の死因の多くを占めています。本コースでは、動脈硬化の有無、程度に加えて、現在の心臓の状態などを評価します。心筋梗塞や脳梗塞のリスクを調べ、早期治療をめざします。
お電話にてご予約ください。(受付窓口:健診室)

料金(税込) ¥36,000(税込)
曜日・時間 毎週火曜日 14:00-16:00

検査内容

安静時心電図

心筋の収縮運動の際に発生する微電流を計測し、波形にあらわして記録するのが心電図検査です。心収縮の波形の間隔、高さ、異常波形の出現などで不整脈、狭心症、心筋梗塞などの心疾患を調べる検査です。ベッドに仰向けに寝ていただき、両手足と胸部の皮膚に直接電極を取り付けて測定します。

血圧脈波検査

両腕両足計4カ所の血圧を同時に測定し動脈硬化の程度や血管のつまりを調べる検査です。ベッドに仰向けに寝ていただき、安静状態で測定します。

頸動脈超音波検査

頸動脈は、大動脈と脳をつなぐ太い血管で動脈硬化の好発部位となる重要な血管です。頸動脈に発生したプラークなどは、脳梗塞の原因にもなります。
頸動脈超音波検査は、血管内の性状、血管壁の状態やプラークの有無を観察する検査です。ベッドに仰向けに寝ていただき、頸部に検査用ゼリーを塗布し、検査を行います。

心臓超音波検査

心臓の形態や動き、血流、弁の動きなどを観察します。ベッドに寝ていただき、検査用ゼリーを体に塗布し検査を行います。
痛みなど苦痛を感じることなく、人体への侵襲性の低い検査です。

胸部レントゲン

胸部レントゲン検査は、胸部にX線を照射して、心臓・肺・両肺の間にある縦隔などの器官の異常を調べる検査です。

血液検査

※検査を受けるにあたっての注意事項

動悸、息切れ、胸部違和感、胸部痛などの自覚症状のある方は、医療機関(循環器内科)受診をおすすめします。すでに循環器内科通院中の方は、かかりつけ医でご相談ください。
食事の制限はありません。

受診をおすすめする方

  • 高血圧、糖尿病、脂質異常症、高尿酸血症など動脈硬化のリスクのある方
  • 家族に脳血管疾患、心疾患のある方
  • 喫煙歴がある方
  • 肥満傾向の方
  • 不規則な生活の方(睡眠不足など)

検査結果は後日外来にて循環器専門医より説明いたします(専門外来をご予約いただきます)。