リハビリテーション科

済生会病院リハビリテーション科は「患者さまと心で接するリハビリ」を理念として、主治医からリハビリテーションが必要だと判断した患者さまに対してリハビリテーションチームが病気や怪我、老化に伴う症状などにアプローチを行い、機能回復や日常生活動作獲得、在宅復帰などのお手伝いをさせて頂きます。

リハビリテーション科

診療内容

理学療法部門

理学療法では、整形・外科疾患術後や内部疾患で活動性が低下し、離床が困難な患者さまに対して座位・立位・歩行を行うことで離床を促すと共に、関節を動かしたり、筋力トレーニングを行うことで機能回復を図り、家庭復帰や仕事復帰をすることのお手伝いをさせて頂きます。

理学療法部門

作業療法部門

作業療法では、主に肩関節疾患や、手の疾患(腱鞘炎・骨折・変形性関節症)の方に対して、術後早期からリハビリテーションを行っております。また、生活技能の向上を図ったり、作業活動を用いることで生活技能や趣味活動など心身機能の向上をお手伝いさせて頂きます。

作業療法部門

作業療法部門

施設紹介

リハ室入口

リハ室入口

リハ室(1)

リハ室(1)

リハ室(2)

リハ室(2)

リハ室(3)

リハ室(3)

物療

物療

水治室

水治室

当科の実績と特徴

部位別実人数比率

部位別実人数比率

当科の特徴として、整形外科疾患が全体患者さま数の約9割であり、その中で肩関節疾患が半数を占めております。次いで手の外科疾患、心臓疾患の患者さまの順です。件数は少ないですが、股関節や膝関関節、肘関節の患者さま、廃用症候群や運動器不安定症の患者さまと、幅広い疾患に対応しております。また、入院術後のリハビリテーションのみならず、外来リハビリテーションによる診療も積極的に行っております。

当科では疾患別リハビリテーションの中で、専門分野に対しても治療を行っております。