薬剤科

済生会病院薬局紹介

済生会病院薬局紹介

現在女性4名、男性3名の計7名の常勤体制での構成です。

調剤

大半は院外処方となっていますので主な業務は入院患者様へ調剤となります。処方チェックをし、重複・相互作用等確認し患者様によっては1包化とし薬包紙に患者様の名前・服用時・薬剤の名前を明記し間違いなく服用出来るようにしています。出来上がった薬はもう一度鑑査され、患者さんにお渡しまたは詰所管理として投与されます。

注射剤

個々の患者さんの注射せんを基に、注射薬のセット(払い出し)をしています。 内容について注射薬の量、投与経路、投与期間、配合変化等チェックし適正な投薬が出来るようにしています。特に抗生剤などは漫然と使用すると耐性菌の出現となり重篤な感染を引き起こす事が有ります。
抗がん剤は薬局で無菌調整して払い出しています。

薬剤管理指導業務

患者様が入院された時患者様に面談し、持参薬を確認・内服状況・副作用等チェックしDr・病棟スタッフに伝え、以後の内服の継続の可否等を計画する。
また、入院中に新たに薬剤が投与される時など患者さんのベッドサイドに出向き、使用上の注意などのくすりに関する情報提供(服薬説明)を行うとともに、薬歴による重複投与の確認・くすりによる副作用、相互作用(飲み合わせ)などの安全面のチェックも行っています。

医療チームの参加

患者様の治療に対し、医師・看護師・薬剤師、その他の医療スタッフがチームとして取り組んでいます。当院では、透析室、感染対策チーム、安全管理チーム、栄養サポートチーム、褥瘡チーム等のチームに入って活動しています。

医薬品情報の提供

医薬品に関する情報の収集、整理、保管、提供を行っています。医師、看護師などからの医薬品に関する質疑に対応し、製薬企業や厚生省、各種の文献、資料などから医薬品情報を収集し、院内スタッフに提供しています。

医薬品の管理と供給

病院において、医薬品の購入と保管そして各部署への供給を行っています。各部署の配置薬の品質、在庫数、期限チェック等行っています。
病棟への注射剤払い出し・抗がん剤調製はローテーションとして廻しています。 業務は専門性に傾けて、内科・外科・整形外科・泌尿器科・小児科・透析内科のように担当制で薬剤指導等を行っています。