看護部

看護職員が働きやすい職場環境をめざして

看護職員が働きやすい職場環境をめざして

看護職員が働きやすい
職場環境をめざして

私たちは、済生会創立の理念である「救療済生」の精神と当院の理念「患者さまのために、地域のために、そして職員のために存在する病院」のもと、つねに患者さまの立場にたって、思いやりをもって、患者さまから信頼される看護を目指しています。
また、看護職員ひとりひとりを大切にする職場環境づくりに取り組んでいます。ワークライフバランスは子育て支援だけでなく、親の介護をはじめそれぞれのスタッフが抱える問題に目を向け、仕事との両立ができるように支援していきたいと考えています。
そして、看護職員ひとりひとりが自身のキャリアアップを図れるように看護教育面の支援も大切にしたいと考えています。

看護部長 松本 久美恵

看護部長 松本 久美恵

左から副看護部長・教育担当 黒川 和子 / 総務担当 金香 好美 / 業務担当 福永 みどり

左から副看護部長・教育担当 黒川 和子 / 総務担当 金香 好美 / 業務担当 福永 みどり

看護部理念

私達は、済生会の基本理念「施薬救療」の精神のもと、看護職として品性をもち、
地域の一員として、患者さまから信頼される質の高い看護を提供します。

看護部目標

  • 働きやすい職場環境をつくる。
  • 看護の専門性を高め、看護の質向上を図る。
  • 病院経営に参画する。

看護部基本方針

  • 私たちは思いやりをもって、患者さまに満足していただける看護を提供します。
  • 保護・医療・福祉との連携を図り、地域に密着した看護を提供します。
  • チーム医療を推進します。
  • 私たちは、研究心・向上心を持ち、自己研鑚を図ります。
  • 安心・安全な看護を提供します。

看護の提供体制

看護体制基準は10対1看護基準です。
看護単位は、急性期一般病棟(3病棟)、療養病棟(1病棟)、外来、手術室中央材料室、透析です。病棟の看護提供方式は看護サービスと業務の効率化を考え、固定チーム方式と機能別方式とPNS(パートナーシップ・ナーシング・システム)を取り入れています。

先輩ナースの声

各部署の紹介

看護教育・人材育成

採用情報