平成29年度 香川県済生会 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 306 147 79 125 209 284 686 812 640 236
当院は「患者さまのために、地域のために、そして職員のために」の理念を掲げ、急性期医療として質の高い医療を幅広い年齢層の患者さまに提供しております。
年齢階級別では、60歳以上の患者さんの占める割合が全体の67%を占めており、重症になりやすい高齢者が多い傾向にあります。
そのような条件のもとで院内での診療間との連携、かかりつけ医療機関との連携を図り、患者さまには医療サービス、安全安心な診療・療養環境を提供できるよう取り組んでいます。
※当該資料は入院に関する資料です。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 52 10.87 10.61 3.85 *78.73
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 39 7.13 7.87 2.56 59.08
150020xxxxx0xx 細菌性腸炎 手術・処置等2 なし 38 4.82 7.27 0 *47.42
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 27 4.56 5.5 0 *52.11
060035xx99x00x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 25 2.72 7.21 0 *70.32
当院の内科は、胃・十二指腸潰瘍や胃食道静脈瘤破裂、大腸疾患に伴う消化管出血、および胆石症における減黄術など緊急内視鏡を要する疾患に対しては365日24時間体制を取っています。そのため消化管疾患のウイルス性腸炎も多く含まれます。
従来の検査はもちろん、常に最新鋭の内視鏡システムを導入することで高度な内視鏡検査、治療も可能としている点が特徴です。
また定期的に消化器外科と連携を取り、検討会にて迅速に診断、治療方法の選択を行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160610xx01xxxx 四肢筋腱損傷 靱帯断裂形成手術等 91 32 19.87 0 61.55
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 77 37.79 27.09 33.77 *83.56
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病 なし 75 3.99 5.21 0 *58.56
160780xx97xx0x 手関節周辺骨折脱臼 手術あり 定義副傷病 なし 34 2.88 4.17 0 39.62
160740xx97xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 手術あり 定義副傷病 なし 29 6.86 5.16 0 *35.31
当院の整形外科は、県内外問わず広く御来院いただいており、手の外科・肩関節およびスポーツ障害に精通した専門的な診療を行っています。
そのため上肢に対する手術が整形外科全体の80%を占めており、野球肘に対する手術治療や肩関節に対する関節鏡手術などを多く行っています。
また術後のリハビリも継続し、当院で実施しています。
大腿骨骨折、股関節骨折に対する治療も行っています。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 94 3.95 4.62 0 *71.85
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 75 3.52 3.03 0 *70.65
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 53 24.26 17.71 7.55 *82.38
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 33 8.79 5.68 0 *74.39
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 12 3.75 3.19 0 67.33
当院の循環器内科では、虚血性心疾患(狭心症や陳旧性心筋梗塞)などに対する治療前・治療後の心臓カテーテル検査経皮的冠動脈形成術またはステント留置術の治療を行っています。自院での平均在院日数は約3日と短期間での入退院となっております。
検査・治療共に去年より比較して増加傾向にあります。
下肢の閉塞性動脈硬化症に対しても血管内カテーテル治療を行っています。
心不全治療に対しては高齢者が多く、他の合併症も伴っていることから投薬、注射、心臓リハビリをしっかりと行っています。
救急車も積極的に受け入れており、急性心筋梗塞症例も確実に増えています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 42 9.98 7.4 2.38 57.57
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 定義副傷病 なし 24 4.71 7.01 0 41.54
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 24 7.25 6.64 0 58.67
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 23 6.74 5.56 0 37.22
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 17 17.88 15.61 5.88 *71.53
当院の外科は、良性疾患では胆嚢炎や胆石症などの胆嚢疾患に対し腹腔鏡下胆嚢摘出術、悪性疾患では比較的早期胃癌あるいは大腸癌に対しても積極的腹腔鏡下悪性切除術を行っています。
虫垂炎、鼡径ヘルニアなどの治療も腹腔鏡下手術を導入し、積極的に行っています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2 なし 54 4.46 6.03 1.85 2.85
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 45 3.82 5.5 0 4.67
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 38 5.03 5.7 0 3.32
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病 なし 34 4.88 5.94 2.94 2.15
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 29 4.24 6.32 3.45 2.28
当院の小児科は、小児一般診療を広く行っており、RSウイルスやヒトメタウイルス等による肺炎・気管支炎による市中肺炎などをはじめとする呼吸器疾患、ノロウイルス、ロタウイルスなどの感染性疾患、痙攣性疾患の入院加療も行っています。輪番病院
また地域のかかりつけ医と連携し入院を必要とする患者さま、輪番病院としても受け入れ体制を整えています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 23 7.17 7.31 0 *73
110420xx97xx0x 水腎症(その他) その他の手術あり 定義副傷病 なし 11 2.73 5.17 0 *76.55
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし - - 12.34 - -
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし - - 5.75 - -
11012xxx99xx0x 上部尿路疾患 手術なし 定義副傷病 なし - - 5.39 - -
当院の泌尿器科は、早期膀胱癌に対しては数日の入院で内視鏡下切除術を実施。浸潤癌に対しては膀胱全摘や化学療法などを行っています。
尿路結石に対しては主に外来で体外衝撃波により結石を砕き、排石困難な結石に対しては1泊入院での内視鏡下手術を行っています。
前立腺肥大に対しては、経尿道的内視鏡下切除術を行っています。また前立腺癌に対しては全摘術、腎癌および腎尿管癌に対しては腹腔鏡下手術を行っています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020150xx97xxxx 斜視(外傷性・癒着性を除く。) 手術あり 41 2.9 3.28 0 26.1
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 片眼 - - 2.85 - -
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2 なし - - 3.29 - -
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術あり - - 3.32 - -
100140xx99x00x 甲状腺機能亢進症 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 10.56 - -
当院の眼科は、高齢化に伴い年々増えている白内障に対する水晶体再建術が8割占めています。
指標には表されていませんが、外来で行う日帰り手術や1泊入院、また全身麻酔が必要な方の手術にも対応しています。
近隣医療機関からの紹介も多く、小児の全身麻酔での斜視手術も実施しています。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 手術あり - - 9.27 - -
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 - - 9.91 - -
120100xx99xxxx 子宮内膜症 手術なし - - 5.44 - -
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 - - 6.37 - -
- - - - - - -
当院の婦人科は、平成29年8月より診療開始しました。
婦人科疾患全般を診療、子宮や卵巣の手術、侵襲の少ない単孔式腹腔手術を行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 25 - 10 21 - - 1 7,6
大腸癌 14 17 30 - - 16 1 7,6
乳癌 - 1
肺癌 - 1 7
肝癌 - - - - - -
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院の消化器内科・外科では胃癌、大腸癌の患者さまを多く診療しています。
Ⅰ期、Ⅱ期の患者さまには内視鏡的治療や腹腔鏡下治療といった身体的負担が少ない手術を積極的に行っています。
Ⅲ期、Ⅳ期の患者さまの数も少なくはなく、病態に応じた手術を行うとともに、大学病院と連携を取り、当院で行うべき抗がん剤治療、緩和ケア治療など患者さまの病態や社会的背景を踏まえて、最良の治療を提供できるように努めております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 11 8.55 53.18
中等症 54 16.85 *83.72
重症 12 26.25 *85.83
超重症 - - -
不明 - - -
当院は、中等症の患者さまが多く平均年齢は80歳を越えています。また高齢者ほど重症化しやすい傾向にあります。
また軽度の患者さまの平均年齢が53歳ほどで比較的若いにもかかわらず、高熱が続き食事が取れないケースなどがあります。
様々な条件のもとで、地域の医療機関との連携を図り、患者さまの状態に応じて適切な治療を行っています。
重症度の高い患者さま7割以上が救急搬送されています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 - - - -
その他 - - - -
当院は脳神経外科はありませんが、救急搬送患者さまの中には脳梗塞の方も含まれています。
治療の必要性に応じて、近隣の脳神経外科のある医療機関へ紹介転院をしています。
その後、加療等必要に応じて治療を受け入れています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K080-41 関節鏡下肩腱板断裂手術(簡単) 83 0.98 31.64 0 63.89
K0462 骨折観血的手術(前腕) 等 71 0.99 9.14 0 55.17
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 68 3.32 28.1 23.53 *77.53
K0463 骨折観血的手術(手(舟状骨を除く)) 等 37 1.22 9.54 0 52.24
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕) 等 37 0.27 1.27 0 *60.3
当院の整形外科は、県内外問わず広く御来院していただいており、手の外科、肩関節外科およびスポーツ障害に精通した専門的な診療を行っています。
主に手、肘に対する手術や肩関節に対する関節鏡下手術、骨折観血的手術を行い、術後も当院で継続してリハビリを実施しています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 333 0 0.81 0 *73.38
K2423 斜視手術(前転法と後転法) 25 0.88 1 0 27.6
K2422 斜視手術(後転法) - - - - -
K2424 斜視手術(斜筋手術) - - - - -
K279 硝子体切除術 - - - - -
当院の眼科は、高齢化に伴い年々増えている白内障に対する水晶体再建術が8割占めています。
指標には表されていませんが、外来で行う日帰り手術や1泊入院、また全身麻酔が必要な方の手術にも対応しています。
次いで、小児の全身麻酔での斜視手術、成人の斜視手術なども多く実施しています。
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 88 0.51 2.08 0 *67.4
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 41 2.88 16.17 4.88 *81.15
K654 内視鏡的消化管止血術 23 1.04 8.22 0 *66.87
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 21 0.57 3.14 9.52 *66
K708-3 内視鏡的膵管ステント留置術 18 1.5 4.11 0 65.28
当院の内科は、胃・十二指腸潰瘍や胃食道静脈瘤破裂、大腸疾患に伴う消化管出血、および胆石症における減黄術など緊急内視鏡を要する疾患に対しては、365日24時間体制を取っています。
大腸ポリープや大腸線種に対する内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術、胆道疾患や膵臓疾患に対する内視鏡的ステント留置術を多く実施しています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 68 1.65 6.28 1.47 58.4
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 41 1.32 4.29 0 *64.9
K6335 鼠径ヘルニア手術 31 0.87 3.52 3.23 *70.45
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 21 1.19 4.52 0 37.05
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 17 8.35 17.18 5.88 *72
当院の外科は、胆嚢炎や胆石症などの胆嚢疾患に対し腹腔鏡下胆嚢摘出術、大腸癌に対し腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術を多く実施しています。
消化器外科・内科の診療間カンファレンスで連携を図り、外科で手術するケースもあります。
腹腔鏡下治療といった患者さまの負担をできるだけ小さくするように努めると共に、早期退院を心掛けています。
また鼡径ヘルニアについても、従来の手術方法に加えて患者さまの病態に応じて腹腔鏡下でのヘルニア根治術を行っています。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 81 2.11 2.33 0 *72.3
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 35 2.14 9.54 0 *76.57
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他) 21 2.24 2.57 0 *72
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) - - - - -
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) - - - - -
当院の循環器内科は、狭心症や虚血性心疾患に対し経皮的冠動脈形成術と経皮的冠動脈ステント留置術といった心臓カテーテル治療を多く実施しています。これは腕や足の血管から心臓まで管を通して冠動脈の狭窄や閉塞部に対し病変を治療する方法です。
不整脈では、ペースメーカー移植術、電池交換治療も行っています。
また心臓以外でも、四肢の動脈や静脈の狭窄、閉塞の治療も行っています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 15 0.27 4.53 0 *72.6
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 13 0.62 6.38 0 *77.77
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) - - - - -
K821 尿道狭窄内視鏡手術 - - - - -
K7812 経尿道的尿路結石除去術(その他のもの) - - - - -
当院の泌尿器科は、膀胱癌に対する膀胱悪性腫瘍・経尿道的手術を多く実施しています。尿道から内視鏡を挿入、腫瘍切除を行う治療方法です。
体外衝撃波腎・尿管結石破砕術は、尿管結石に対して衝撃波により結石を砕き体外へ排出する治療方法で、平成16年4月より実施しています。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K867 子宮頸部(腟部)切除術 - - - - -
K877 子宮全摘術 - - - - -
K8654 子宮脱手術(腟壁形成手術及び子宮全摘術)(腟式、腹式) - - - - -
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) - - - - -
- - - - - - -
当院の婦人科は、平成29年8月より診療開始しました。
婦人科疾患全般を診療、子宮や卵巣の手術、侵襲の少ない単孔式腹腔手術を行っています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
4つの傷病名に対してはDPCにおいて高額な点数が設定されています。
DPC病名と入院契機が「同一」か「異なる」に分類して集計しています。「同一」はある疾病の診療目的で入院し、その疾病の治療を行ったということを表し、「異なる」はある疾病の診療を目的とし入院したが、併発、もしくは入院中に違う疾病が発症したことにより、その治療が主になった場合を表します。
当院では急性期医療として、合併症に対しても早急な対応ができる体制を整えております。
※患者数が10未満数値の場合は、-(ハイフン)表記となっています。
更新履歴